ホーム > 会社概要

会社概要

営業種目

  1. 環境計量証明事業
    濃度(飲料水、河川水、地下水、各種排水、土壌、産業廃棄物)、
    騒音、振動
  2. 残留農薬分析
  3. 食品分析
  4. 環境アセスメント・環境影響調査
    大気・水・土壌環境、動物・植物・生態系、騒音・振動、
    大規模小売店舗立地法コンサルタント
  5. 環境改善事業
    土壌・地下水汚染の調査・評価・浄化対策・
    モニタリング、地下水人工かん養の調査・設計・評価
  6. 地質・土質・地下水・温泉調査
    地下水・河川水の流動状況及び水位変動調査、
    温泉湧出量変動調査、地中熱利用調査
  7. 放射能測定

保有機器

■ ガスクロマトグラフ タンデム質量分析装置
■ ガスクロマトグラフ 質量分析装置
■ ガスクロマトグラフ(検出器:ECD,FID,FPD,FTD)
■ パージ・トラップ・ガスクロマトグラフ質量分析装置
■ ヘッドスペース型ガスクロマトグラフ質量分析装置
■ ポータブルガスクロマトグラフ(検出器:ELCD,FID,PID)
■ 高速液体クロマトグラフ タンデム質量分析装置
■ 高速液体クロマトグラフ
■ 誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)
■ 超臨界流体抽出装置
■ 原子吸光光度計
■ 還元気化水銀分析装置
■ 連続流れ分析計
■ ダブルビーム分光光度計
■ フーリエ変換赤外分光光度計
■ 全有機炭素分析装置(TOC)
■ 色度濁度計
■ イオンクロマトグラフ・ポストカラム分析装置
■ イオンクロマトグラフ
■ 全自動元素分析装置
■ 普通騒音計
■ 精密騒音計
■ 低周波音圧レベル計
■ 振動レベル計
■ レベルレコーダー
■ 1/3オクターブバンド分析器
■ データレコーダー
■ 騒音予測ソフトウェア
■ ゲルマニウム半導体検出器型ガンマ線スペクトロメーター

資格技術者

1.技術士 応用理学部門(地質) 1名
2.環境計量士 濃度
騒音・振動
5名
4名
3.一級土木施工管理技士   2名
4.地質調査技士 現場技術・管理部門
土壌・地下水汚染部門
2名
1名
5.公害防止管理者 水質第一種
大気第一種
騒音第一種
振動第一種
3名
1名
2名
1名
6.作業環境測定士 第一種 2名

研究関連の主な実績

キャピラリー電気泳動による
スルホニルウレア系製剤の分析
学会発表
(共同研究)
平成23年度
日本法中毒学会第30年会
キャッチャーズ法による法医試料
からのエチルチオメトンの分析
学会発表
(共同研究)
平成23年度
第95次日本法医学会学術全国集会
平成26年度 特用林産物等の
放射性物質濃度の調査業務
委託者 林野庁
平成26年度 農薬的資材に関する
スクリーニング委託事業
委託者 農林水産省
平成23年度 地質調査業務一式
(埋設農薬調査)
委託者 東北森林管理局
平成22年度 埋設農薬の埋設箇所特定
及び掘削対象範囲確定業務
委託者 四国森林管理局
平成22年度 埋設農薬の埋設箇所特定
及び掘削対象範囲確定業務
委託者 関東森林管理局
平成21年度 埋設物の調査及び
土壌分析調査に関する委託業務
委託者 北海道森林管理局
平成21年度国内産野菜の
カドミウム委託分析業務
委託者 農林水産省
平成20年度国内産米穀の
カドミウム委託分析業務
委託者 農林水産省
平成19年度
残留農薬一斉試験法の検討業務
委託者 厚生労働省
平成18年度
残留農薬一日摂取量調査業務
委託者 厚生労働省
平成18年度国内産農産物の
残留農薬分析業務
委託者 農林水産省
平成17~19年度
農薬登録拡大に係る作物残留試験
委託者 山形県、宮崎県、宮城県
対象農産物 食用菊、あけび、ズッキーニ、にがうり、ミラクルフルーツ、トマト、レタス、かんしょ、ししとう、甘長とうがらし、せり

会員

法人 (一社)食品衛生登録検査機関協会、(一社)全国給水衛生検査協会
東北輸入食品・検疫協議会、山形県環境保全協議会、
山形県地質土壌調査業協会、(一社)山形県温泉協会、
(一社)山形県計量協会、NPO法人 環境ネットやまがた
(公社)日本食品衛生学会、NPO法人 日本GAP協会
個人 日本農薬学会、(公社)日本技術士会、(公社)日本分析化学会
NPO法人 日本地質汚染審査機構