ホーム > 事業案内 > 放射能測定

放射能測定

食品(土壌)中の放射能測定

今問われる食や水、土の安全性。ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線測定。

ゲルマニウム半導体検出器は、他の放射線検出器に比べてエネルギー分解能力が極めて優れており、核種の同定(I-131、Cs-134、Cs-137等の判別)に用いられております。

ゲルマニウム半導体検出器

ゲルマニウム半導体検出器

測定方法

○「ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリー(科学技術庁)」及び「緊急時における食品の放射能測定マニュアル(厚生労働省)」の通知に準拠しております。

測定可能な検体

○農産物(牛乳・野菜・果実等)・魚肉等

○水及びその他

※上記以外の検体はご相談ください。

検体の搬送について

○1検体について原則、2kg又は2L以上必要です。

○検体はコンタミネーション(他の物質からの汚染)を防止するため容器に入れてください。

※検体の量・搬送方法等ご不明な場合はご連絡ください。
※お送りいただくか、お持ち込みを原則としておりますが、弊社によるサンプリングを
  ご希望の場合は、ご相談ください。

検査依頼書

下の調査依頼書のPDFかエクセルの検査依頼書をクリックしてダウンロードしてください。
ダウンロードした依頼書をプリントし、FAXや郵送でお送りください。

放射能測定依頼書PDF版

放射能測定依頼書エクセル版

納期

○3営業日から

※検査費用・納期は測定レベルにより異なります。
 詳細は下記担当者にお問い合わせください。

▲ページトップへ

食品・土壌等の放射能測定

NaI(Tl)スペクトルメータを用いた空間線量測定

大気中の放射線量を測定する専用機器を用いて、空間線量(Gy)を測定します。弊社の測定器はスペクトルメータであり、測定地点周辺の放射性核種の傾向を把握することが可能です。

スペクトルメータを用いた空間線量測定

Na(TI)スペクトルメータ

測定方法

○各都道府県及び市町村で実施している測定方法により施設敷地の空間放射能線量を測定します。

○ご希望に応じて、側溝の中や屋内も測定いたします。

 お気軽にご相談ください。

○空間放射能線量の傾向(放射性ヨウ素・放射性セシウムの有無等)。

 報告書には記載されませんので、現場において測定員にお問い合わせください。

Na(TI)の測定状況

Na(TI)の測定状況

測定機器の画面(Cs137及びK-40の線源付近で空間線量を測定した結果)

測定機器の画面(Cs137及びK-40の線源付近で空間線量を測定した結果)

測定単位

実効線量(Sv)による測定結果をご希望の方は、「環境放射線モニタリング指針(原子力安全委員会)」に従って換算します。

測定依頼書

下の調査依頼書のPDFかエクセルの検査依頼書をクリックしてダウンロードしてください。
ダウンロードした依頼書をプリントし、FAXや郵送でお送りください。

放射能測定依頼書PDF版

放射能測定依頼書エクセル版

納期

○3営業日から

現場において速報値をお知らせし、3営業日以内に報告書を提出させて頂きます。